はじめてのGitHub

とあるコミュニティでGitHub使いそうなので、遅ればせながらアカウント作ってみた。
とりあえず本番で使う前にちょっと練習をしてみる。

まずは、新しいリポジトリを作成。
自分のアカウントのホーム画面にある「Repositories」タブの右の方にある「New」という緑色のボタンを押す。

「Repository name」にリポジトリ名を入力。今回は練習用なので「GitHub_Practice」とでもしておく。
「Description」は任意なので入れなくてもいいけれど、とりあえず簡単に説明を入れておく。
タイプは無料アカウントなので当然「Public」しか選べない。
READMEや.gitignoreやライセンスはとりあえず作らなくていいのでデフォルトのまま(チェックなし、None)。
最後に「Create Repository」を押せばできあがり。

次に、作ったリポジトリをローカルにcloneする。
解説サイトなどを見ていると、先にローカルにリポジトリを作ってからpushする方法がよく紹介されているが、cloneした方が手っ取り早いような感じがする。(何か不都合があるのかは現時点で不明。とりあえず、この方法でやってみる。)

$ git clone https://github.com/furipon/GitHub_Practice.git
Cloning into 'GitHub_Practice'...
warning: You appear to have cloned an empty repository.
Checking connectivity... done.

ちゃんとできたかステータスを見てみる。

$ cd GitHub_Practice/
$ git status
On branch master

最初のコミット

nothing to commit (create/copy files and use "git add" to track)

ちゃんとできた様子。

お次は適当にファイルを作ってリポジトリに登録。
ファイル作る→add→commit→pushの順。
まずはcommitまで。

$ echo "# GitHub_Practice" > README.md
$ git add README.md 
$ git commit -m "README.mdを追加"
[master (root-commit) 1812759] README.mdを追加
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 README.md

これでローカルリポジトリにcommitするところまでできた。
次はpushだが、pushする前にローカルリポジトリの内容でpushしていないものを確認するコマンドで見てみる。

$ git log --branches --not --remotes
commit 1812759eee2e630add3afa964a7cfc6ea6e35caf
Author: ***** <*****@take-f.net>
Date:   Thu May 28 23:06:56 2015 +0900

    README.mdを追加

先ほどcommitした内容が表示された。
続いて、これをpush。

$ git push -u origin master
Username for 'https://github.com': *****
Password for 'https://*****@github.com': 
Counting objects: 3, done.
Writing objects: 100% (3/3), 243 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/furipon/GitHub_Practice.git
 * [new branch]      master -> master
Branch master set up to track remote branch master from origin.

無事にpushできた様子。
ブラウザでリポジトリのURLを見ると、ちゃんとREADME.mdができている。

pushするときにUsernameとPasswordを求められたが、解説サイトにはそのような記載はなし。もしかしてSSH鍵を登録しておけばいいのかな?次回試してみることにして、今日はここまで。